読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっぴーのシールぴた~

ポケモンのことやTCGのことなどを書いていきます。~対戦ゲームで勝つために~執筆開始。

【うきにん杯全勝優勝構築】イベルダークゲロゲダスト【BW1~XY3】

第43回うきにん杯優勝の時の構築。
予選ラウンドを5-0で通過、本戦も勝ち上がり優勝しました。
また、BW1~XY3環境なので今とは若干異なります。

f:id:tapiokatappy:20141020122425g:plainf:id:tapiokatappy:20141020122447g:plainf:id:tapiokatappy:20141020122552g:plainf:id:tapiokatappy:20141020122614g:plain

f:id:tapiokatappy:20141020122716g:plainf:id:tapiokatappy:20141020122704g:plainf:id:tapiokatappy:20141020122723g:plain

昔からダストを嫌っていて、今回使うのが初めてだったので比較的丸いレシピになっています。
比較的ラインも厚く積んだ点と、ダストを立てながら展開を意識したため、序盤はドローソースをなるべく使いながら引いた札で殴りに行く動きを意識ました。
個人的にはサーチして圧縮をかけながら展開していくほうが好きなので、少し手には合いませんでした。
丸いレシピでデッキ自体の爆発力がないので、ゲロゲでコントロールしながら戦います。


【レシピ】

13:Pokemon

3:イベルタルEX
1:ダークライEX
2:ガマゲロゲEX
2:ダストダス
2:ヤブクロン(BW2)
1:ヤミラミ
1:バリヤード
1:ジラーチEX


36:Trainer

15:Supporter
4:アララギはかせ
4:N
3:アクロマ
2:フウロ
2:フラダリ

1:ダウジングマシン
4:ハイパーボール
4:どくさいみん光線
4:ダークパッチ
1:はかせのてがみ
3:ちからのハチマキ
2:かるいし
2:タチワキシティジム


11:Energy

7:悪エネルギー
4:ダブル無色エネルギー


以下解説

【解説】

上に比べて敬体と常体が違いますが、解説は常体のほうが書きやすいと感じました。
記事全体で見てチグハグなのが気になるのでもう少し迷走します。


3:イベルタルEX
ニコタマを回したいのとサブアタッカーを削ったので厚めに。
3あるとサイド落ちもケアできて、初手にも引けるので安定だった。

1:ダークライEX
ゲロゲがにこたま起動なのと、軽石もあり、デッキ的にあまりやみのころもの恩恵がなさそうなのでこのライン。
サイド落ちは怖いが、つけかえも入っていないので特に困らなかった。

2:ガマゲロゲEX
厚めに2枚。初手に展開できないと腐るシーンが多く、2ターン目イベル展開ができることがそこそこあって1枚で十分であった。
意識としてはゲロゲ単体でダメージを刻んでイベルタルで抜いていく、ゲームの方のシングルバトル的なことを考えていたが、どくさいみん光線とのハメ性能はとても魅力的だった。
単体でのダメージは小さいものの、グッズロックをかけると相手はポケモン入れ替えなどを使えないため、本来交代されてしまうところを毒でより削れる。
相手が逃げられなかった場合、タチワキシティジム+どくさいみん光線によるダメージが、相手のエンド+自分のエンドで60ダメージ増えるので魅力的だった。

1:ヤミラミ
困ったらグッズを戻せるように。
自分から前に出す非EXがヤミラミしかいなく、サイドレースの不安定さと、グッズが足りている場合はサイド調整する時に強くない。
ゲロゲ自体がサイドレースに強くないポケモンであるが使い方次第では変わるポケモンだと感じたが、相手のブン回りを含めイベルは相手を倒していったほうが強かったため、グッズ配分から見直す必要があると感じた。

1:バリヤードジラーチEX
安定志向で投入。共にダストダスとのアンチシナジーではあるが、比較的イベルタルのカードパワーでなんとかなるので問題なかった。
ダスト入りに入れるバリヤードはデッキパワーを落としているのか上げているのかわかりにくいカードであると思う。
レックビール全盛期のダストではバリヤード入りが強力だったが、思考停止して入れる部分では無いと感じた。

サポ配分
4:アララギはかせ
4:N
3:アクロマ
2:フウロ
自分の中でのテンプレ。縦引きしていきたいところだが、フウロは2あったほうが強かった。

2:フラダリ
キャッチャーを久々に0にして2枚にしたが、打つシーンが少なかった。
相手のゴリ押しを見てからではゲロゲ展開が怪しく、結局殴り合いになる時にキャッチャーがほしいシーンが多かった。
ここは立ち回りの意識の差で、殴られている時でも相手のベンチを引っ張ってゲロゲで殴るコントロール展開を意識すれば、展開負けも覆せるので生きると感じた。

1:ダウジングマシン
普通のイベルダークはダウジング派。
単純に道具を拾いたかったのでダウジングに。

4:ハイパーボール
ダストをより立てたかったので4。

4:どくさいみん光線
ゲロゲとのシナジー意識でフル投入。

4:ダークパッチ
とりあえず4入れたが、ゲロゲで展開していくので枚数が少なくても足りると感じた。

1:はかせのてがみ
この1枚のおかげでフウロからエネルギーに繋がるので必須。
はかせのてがみ→ハイパーボールがとても強い。

3:ちからのハチマキ
2:かるいし
グッズは5枚に。足りなくなったことはあまりなく、足りなくなったら拾えばいいのでこれで十分だった。

2:タチワキシティジム
テンプレの2枚。

7:悪エネルギー
4:ダブル無色エネルギー
きれいな7:4ライン。


【感想】

ダスト入りを初めて使ったが、入っていない構築に比べゲームテンポが若干異なり、強引な引きをすることが多い自分には慣れなかった。
特にゲロゲ入りなこともありコントロール意識で組み直してもいいと感じたが、デッキパワーを維持しながらだと細かいところしかいじるところが無く、自由度が高い悪に置いてあまり魅力的ではなかった。
つけかえからの高速展開が望めなかったり、自分の好みで構築を寄せると破綻してしまう。
ゲロゲとしてのデッキの長所を伸ばしていけるよう改善するべきだと感じ、いい経験になった。

しかし短所を補う必要もあり、サイドレースに置いて非EXアタッカー、特にアブソルがほしいシーンが多かった。
デッキスペースの関係上そこそこ厳しくここはプレイスタイルに寄せたいところであると感じた。

長所短所どちらによせるか、天秤のかけ方が難しかった。


終わりです。質問などあればコメントやツイッターで気軽にどうぞ。