読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっぴーのシールぴた~

ポケモンのことやTCGのことなどを書いていきます。~対戦ゲームで勝つために~執筆開始。

【WS】BCF2016札幌地区レポート

今回はレポ更新です。

1回戦 VS プリヤ
先攻。移動を引けて好展開。キャンセルが強すぎて圧倒的に盤面を掌握。
TP凛と梨衣菜でアドバンテージを損なわず動き、濡れた制服ネロを出されるも返しで踏み返す。
ツヴァイフォームも梨衣菜で避けて最後は6パンして勝ち。


2回戦 VS デレマス(ウサミン)
先攻。
ストブを貼ってストブしてこなかったり、ウサミンが進化して出てきても初パンのフロントが他キャラだったので美夏で飛ばしたりとやりたい放題。
卯月も入ってましたが手札なくなって動けてなかったのと、梨衣菜でも避けれました。最後は6パンして勝ち。


3回戦 VS ラブライブ(絵里単)
先攻。移動を引ける。強い。
+2を貼られて通り、相手のピタキャンも合わさってやや焦るも山管理がガバくて後半から巻き返す。
光景を打たれて+2されると負けかねないと思ってましたが圧縮を作ってクロシューも梨衣菜で避ける。
途中のキャンセルと山づくりがうまくいったのでレベル2のまま維持できたのが安心できました。プレミを多くしてもらえたのもあって勝ち。


4回戦 VS ミルキィ(探偵)
後攻。
手札に相殺かな子とユッキがあったので大事に動く。途中0-4から相殺を立てたいと思い、クロック2ドローとオカ研2枚で強引にレベルを上げに行くも赤がCXしかない。
何を思ったのか相手もレベル置き場に横置く。相手もレベル置き場に置いたままリフ入る(こともある)し、対等、むしろ相殺で盤面取れるから有利じゃね?と思って扉をレベル置き場に。ヴァイスを始めて初めてレベル置き場にCXを置いたかもしれません・・・。

かな子で盤面は取れたものの打点が入り、残ったバスタオル1面は見た目超えでカウンターを打たせる。返しは逆襲のネロの回収から前列を立てられる。
ここからは集中も当たらず山もそこまで強くなくて手札を枯らして厳しい展開。最後は連パンと4点バーンをされて通って負け。


ガバプレイで調整不足すぎて甘かったーと思ってましたが、全勝にデレマスがいたものの1敗ラインまでが14人しかいなかったので通過。
全勝必要なタイトルでもすぐ諦めてタイカプに流れなければ上がれたかもしれませんね。



決勝トナメ

1回戦 VS 化物語(宝扉)
先攻。まずまずの展開。相手は中学生が引けず1パンで返してくる。オカ研から美波まで見据えたいつもの展開。

手札はそこまで多くなかったのでオカ研をプレイします。リフ後に梨衣菜はあるもののTP凛が無かったのですが、何を思ったのか(多分)オカ研でTP凛サーチしてました。気づいたら手札にTP凛があって、山サーチはオカ研ぐらいしかないのでたぶんそういうことだったと思います。
何が足りないんだろうといつも考えながら動くのですがそこに意識が集中しすぎていた気がします。対戦相手のカイトさんには後で謝罪させて頂きました。以後気をつけます。

2回戦 VS デレマス(TP)
先攻。まずまずの展開。暁で横が大量に見えたのでダメージはたくさん通りました。
1帯は6500が3面並ぶもカウンターが多く見えてたのでそのまま美波で踏み返す。レベル2で耐え、最後は5パンされるも山を作っていたのでキャンセル、返しは卯月で連パンして勝ち。


準決勝 VS プリヤ
先攻。ここを勝てばレシピが確定する試合。お相手は松井五段。
ありす1パンに拳1パンで返してくる。オカ研から本田未央で踏みつつ動き、返しにもう一度移動が来るので控え集中で本田未央を持ってきて踏み直す。
キャンセルが強かったので暁を多面して山を作られます。返しに美波で踏みつつ必要パーツを集める。
こちらが先にレベル2に上がり、TP凛李衣菜の布陣を作ると、濡れた制服ネロを端に2面並べてきます。3面開けていたので自由に動け、ネロの前に移動し美夏3コストでどかす。
1面は残るもののTP凛で返しに踏み超えます。
相手の手札が枯れていたので面を踏むことを意識して動きます。イリヤを出してそのままアタックしてきたのでそのままTP凛を動かしてパワーで弾き、山を作りヒールをして詰めに行くもキャンセルされ3-6。3-1になるも相手の手札は乏しく、控えCX1の状態の山にはダメージは入らず、返しで1-1-2を作って勝ち。
最後の2ターン目ぐらいから勝ち急いでやや焦ってしまったものの勝てて安心しました。山の管理とリスクケア、ボードとの優先度の確認でプレイ時間を多く取ってしまいましたが重要な対戦ということで延長を頂きました。

松井五段、試合前後もめっちゃ礼儀正しい人でこんなプレイヤーになりたいなと思いました。
あとは去年までは別名で活動してて、結果出しまくってるの知らなかったです・・・。知らなかったのでビビらなくて済んだかもしれません!


決勝 VS デレマス(TP)
先攻。1パンの返しにマーカー美波2面で殴ってくる。ドラが乗りダメージが通ったので、オカ研込でレベルアップ。美波込で踏み返す。レベルが上がらなかったらかなり厳しかったですね。移動を持ってきてオカ研究で1面は踏めましたが2面は踏めなかったです。
相手の山とキャンセルの動きは割と強く、やや上ブレされてました。2帯からはTP凛李衣菜の布陣でなんとかごまかしに行くも、ダイレ面に投げるキャラがみくとちゃまがあり、みくにしてしまい、みくだけ通り他がキャンセルと最悪の構図。ストブ対応を打たれソウルも崩せずにPOS凛をサーチされます。
次のターンもは端の7000を美波で同値に取り、パンプを入れて中央のTP凛を16000で踏みにいきます。
相手は小梅を圧殺して出して山のケアをしてきますが、ここで相手がフロントできなくなる奈緒を残してくれたので、アタックの始めに1秒で奈緒の前に移動。
その後フロント宣言して山をめくってきたので止めるとジャッジが介入し、めくってしまったので相手に警告が入る。そのままサイドもしてこなかったのでターンが回ってきます。

POS凛のアタックをダイレ面にさせて、盤面はTP凛のみ、相手は加蓮POS凛POS凛。
2-4-4-5-5スタートで、POS凛の伸び次第では十分止まる状況。こちらのクロックが3-1で、4点が通り4点をキャンセル。次の2点ではハナコを打ち、通ってもいいようにするもののキャンセルしてしまう。その次の5点はドラが乗らず、通って負け。

みくを投げてしまうプレミもあり、慢心がいくつかあった試合でしたが、ハナコも有効活用できるシーンで握れていたしやれることはやったかなと思います。
終わった後に色々話したりレシピを見たりしましたが、あー、これがヴァイスなんだなと思いました。
次に試合をする時には絶対に負けません。


・感想
次はWGPなのでネオスに本格参入する人も増えますし、道中もレベルの高い試合をして面白い試合が出来ればいいなと思いました。
相変わらずプレイングが遅いので、選択肢が多いデッキとはいえ気をつけるべきだと思いました。
プレミもそうだし、デッキ自体の研究が足りなかったのでもっと練習します。固定観念があるのと、変な自信を持つこと、環境に合わせたシフトをもう少し意識できれば勝てるようになるかなと、この大会を通じて気づきました。強くなる自分を感じられるほどワクワクするものはないですね。準優勝という結果も、これらを埋められなかった順当な結果だったかもしれませんし、この実力でそこまで行けたのもヴァイスだから、カードゲームだからだなと思いました。
組む人はかなり前から決めてるみたいなので交友大事だなと思いました。
グッスタはもっと流行っても良いと思いました。TP多くて驚きました。
知らないデッキを減らすようにします。ラブライブに対してテキストの確認を繰り返して時間切れにでもなれば笑い話にもならないです。
疲れました。8戦以上やることを想定して作られたTCGじゃないと思います。そう考えると労力の少ないデッキもありなのかと疑ってしまうほどでした。
よくわからない相手には脳死で勝てるように一人回しを後1000回ぐらいはしたほうがいいと思いました。
飲み会は疲れてほぼ飯食ってほぼ固定で話してました。
名前と顔が一致しなかったのと一応レシピまで行けたのでもう少し交遊しに行っても良かったかもしれないです。
トリオの決勝トナメはなかなか見てて面白かったです。横が拾ってくれて喜んでたり、絶対拾えない試合を拾ってチームの勝ちを拾い盛り上がってたり。
トリオにも興味はありますが、次はWGPなのでネオスに出ます。来年まだやっていればトリオも組んでみたいなと思いました。

以上です。

次はデッキの話とかをします。